気分変調症~更年期うつ病 完治のドキュメント

もともと気分変調症で更年期障害と更年期うつで、地獄のような精神的肉体的苦痛を味わいました。いつ終息するかわからない日々のドキュメント。気分変調症、自律神経失調症、うつ病発症、心身症と止めどなく悪化。現在は凄腕中の凄腕の先生のおかげで克服完治に至っております。私の絶望感からの完治経験がつらい症状完治のお役に立てれば嬉しいです。根本から完治しませんと気分変調症も抑うつ状態も続いていきますから。人生は一回ですから病気に振り回されるのはたくさんです!

まず気分変調症の完治についての報告 気分変調症のつらさと原因と回復方法

長年わずらわされた気分変調症がずっと再発していません。

じゃあ、私の気分変調症はどんな状態だったの?

  • 自分の気分に振り回されて、嫌な感情ばかり起きる。イライラ、鬱々、悲しみ、孤独…こんなことばかりがずっと慢性化して続いていました。
  • 体調もおかしくなり、輪をかけてきつさが二倍、三倍になっていきました。生きているのがやっとの状態でした。
  • 私の生活の質は粉々に砕かれていました。病院に通っても原因不明で、誰も気分変調症を治してくれる人もいない、和らげてくれる人もいない。孤独でした。

私の気分変調症の原因

  • 心理的ストレスが主です。母親との関係はストレスの最たるものでした。姉妹仲も悪く、仕事でもストレスだらけ。気分変調症にならないほうがおかしいくらいで、更年期うつにもそりゃなるわいな……
  • 気分変調症になっちゃうと、気分変調症という症状そのものがストレスマックスになるから、終わることのない原因が再生産されている感じです。これがマイナススパイラルで、行き着く先は発狂か自殺か廃人しかないのかもしれない。ギリギリのところで助かりましたが、一歩間違えたらどうなっていたかわかりませんね。

気分変調症が更年期うつに

  • 更年期うつに移行したのも、もともと気分変調症で苦しめられていて、それが更年期に入って更年期障害と組み合わさって、もう私の忍耐がついていけなくなって、更年期うつになってしまいました。
  • 漢方やホルモン治療やひたすらヒーリングをしたりスピリチュアルにはまったりしてもがいておりましたが、一向に回復できませんでした。

気分変調症が完治したのは?

  • 先のブログにも書きましたが、岩波英知先生のストレスを一気に吹っ飛ばす技術(無意識顕在化技術とか脳覚醒技術というそうです)による施術を何度も受けて、心のストレス源をなくしてからです。
  • まず気持ちが楽になりました。体もすごく軽くなり、頭も一気にリフレッシュ。最初は数時間しか続きませんでしたが、私が何にもとらわれていないことにびっくりしました。
  • 回数と施術を重ねるごとに、効果の持続時間が長くなりました。ときには倦怠感や吐き気が出てきましたが、ナニクソ! との信念で乗り切れました。
  • 呼吸法はたくさんやりました。最初は効果が出なかったんですが、ある時期から呼吸法によって深いリラックスを脳に味合わせることが出来るようになりました。岩波英知先生という一人しかいない多忙な先生が近くにいなくても、ストレスと気分のコントロールをトランス呼吸法に寄って、自力である程度できるようになったんです! とてもうれしかった!!
  • 気分の変動が非常に少なくなり、うつ状態でいない自分(ミョーにリラックしていて落ち着いていて、それが落ち着かない状態!!)でいることが増えていました。そして持続時間が長くなって、一週間気分が落ち着いていたことを発見した時、すっごく自信になった!
  • その後一度大きなうつ状態が襲ってきたけれど、昔ほどのうつの重さではないことに気づき、逆に勇気を得る。
  • 更年期うつも和らぎ、もともとの気分変調症も起きなくなり、それがずっと続いて、私は気分変調症が完治したと悟りました。

 ブログ1ページ目

pms-dysautonomia.hateblo.jp